おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

現代における肉食を中心とした動蛋白の栄養学思想や、飽食三昧に明け暮れる現代食文化には、多くの人が、何の疑いを抱いていません。

国民の多くは現代栄養学を信奉し、日々の日常生活に明け暮れているのです。

また、肉食は難病・奇病も派生させるのです。

 肉類を食べた場合、腸管から吸収されるものは硫化水素、アンモニア、及びその他の毒素であり、蛋白質等は殆ど吸収されません。

 肉類は繊維質の物資がないため、便秘症になり易く、腸壁内に停滞した便秘の原因を作っている腐敗物質が腐敗菌を発生させて、有害な毒素の吸収だけが盛んになり、カラダを一層不健康へと導くのです。

 これらの毒素の影響で、血液は濁(にご)り、動物性脂肪の為に粘り、汚血等の状態に至り、蜘蛛膜下出血、痛風、神経痛、肩凝り、リュウマチ、動脈硬貨、大腸癌、その他の難病を招く原因を作るのです。

そして結末は、ガン疾患と言う憑衣現象に陥り苦悩するのです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎