私は主にほぼ日手帳weeksを仕事で使用しています。

ちなみに仕事は会計士です。

会計士の仕事は(というか私の場合は、でしょうが)、1週間単位で管理するのが合ってるみたいです。

まず、日曜日の夜、もしくは月曜日の朝、ほぼ日手帳weeksを開きます。
この手帳は、左側が1週間スケジュール、右側がフリースペースとなっているので、
右側にその週にこなすべきJOBを書いていきます。
書き方はいたって普通。◻︎を書いて、やるべきことを書く。TODOリストですね。

f:id:masayasu_s:20140611121421j:plain

で、その週、実際に仕事を終わらせたら赤の二重線で消して行きます。
この二重線で消す作業が快感なんですよね笑。

しかし、仕事はそもそも1週間先の仕事だけではないですよね。
◯月に◯◯報告書を書くだとか、×月に××研修を行うだとかありますよね。
そんな長期的な仕事、あるいはいつか取り組みたい仕事は、
ほぼ日手帳weeksの後ろの方にあるフリーノート部分に書きます。

f:id:masayasu_s:20140611121822j:plain

ほぼ日手帳weeksは、後ろにかなりたっぷりとしたフリーノート部分があり、
とっても使いやすいのです。
で、その後ろの方の部分には付箋を貼っておき、日頃から眺める癖を付けておきます。
そうすれば、あ!あの仕事忘れてた!ってことにはなりませんからね。
※写真に水色の付箋があることに注目!

ほぼ日手帳weeksは、とにかくお利口さんな手帳だと思います。
軽くて薄く、サイズもスーツの内ポケットに入る大きさ。
ノート部分は方眼模様になってて書きやすいし、なんといっても万年筆で裏抜けしない。
素晴らしい!
ビジネス時に役に立ってくれる手帳です。

ところで、最近のトラベラーズノートはこんな感じです。
f:id:masayasu_s:20140611122323j:plain

f:id:masayasu_s:20140611122337j:plain

なんとノートリフィルを外し、付箋紙、カード入れ、クラフト紙のポケットのみを入れてます。
もっぱらカードケース&資料その他雑多紙類挟みとして使用してます。
これはこれで有りですよー。

今日はビジネス時における手帳の使い方の紹介でした笑。