f:id:newsoftheworld:20161122231049j:plain

家庭用バターが高騰し続けて、

何年が経過するでしょうか?

 

およそ2002年あたりから

バターの高騰が始まり、

家庭用バターのみならず、

業務用も含むバターの高騰から、

あらゆる食品関連の業者が

断腸の思いでいたことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

⇒バター不足の影響

乳製品は、特に洋菓子、洋食屋が

あおりをくってしまっているようです。

 

なぜバターが足りないのか?と考えた時

まず真っ先に思いつくのが

「原材料の不足」となると思います。

 

で、バターの原材料は、牛乳ですね。

乳牛からとれる牛乳。ミルクです。

 

しかし本当に、

不足しているのでしょうか?

 

 

 

f:id:newsoftheworld:20161202152655j:plain

⇒背後に潜む組織力

その背景には、

巨大な農業組織「農協」があります。

 

小売業者や加工業者の間に入り、

牛乳を安く買い上げ、

そして小売業者や加工業者に

「規定の価格」で売りつける。

 

そうして、

利益をかすめとっている、という話。

 

何ともみすぼらしい話ですが、

バターの既得権益の壁と権力の前では

生産業者たる農家も従わざるを得ず…

 

 

 

⇒仲介業者とは?

f:id:newsoftheworld:20161122231348j:plain

その間に入る業者は、ホクレンといい

たぶんにもれず、農協の業者です。

 

農協の組織力は絶大で、

そこを通さなかったら

潰されてしまうのではないか?と危惧し、

なかなかその輪から抜け出せない。

 

そうして、

多くの農家が苦渋を飲んできました。

 

しかし、そんな悪徳業者も

いつまでも続かなかったようで、

そこに颯爽と登場したのが、

農協よりも高い相場で買い取ってくれる

業者の登場でした。

 

およそ1割↑~の価格で

買い取ってくれるこの

白馬の騎士たる業者に

買い取ってもらう契約を結ぶまでに、

やはり農協の影がちらついて

なかなか決断できない農家も、

きっと数え切れないほど居たと思います。

 

ちなみに、

1割増しの価格で取引されると、

年に2000~3000万ほどの

収益の差分が生まれます。

 

 

 

⇒一件落着……?

これで、

バター不足は完全に解消される………

 

と、そう思うでしょう?

 

 

ところが、一枚岩ではないんですね。

この問題は。

 

 

簡単に言えば、

国家が絡んでいるということです。

 

日本という国の、

農家の生産物を管轄するところ………

 

ここまで言えばもうおわかりですね?

それでは、以上です。

 

 

 

ホワイトナイトの登場で、

解決したかにみえたこの問題、

 

一方、このような証言が

とれているようなのです。

 

 

 

 

f:id:newsoftheworld:20161202153149j:plain

「山のように置いてあったら誰も買わないだろう?

 在庫が無い、いつまた買えるかわかったものではない。

 そういう意識が消費者に根付けば高くても買うし、

 必要になったらすぐに買う決断をするようになるだろう」 、と

 ==========END==========

 

スポンサーリンク

 

 

www.hokuren.or.jp

 

 

 

トレンド関連記事 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com